神代植物公園

土曜に、友人たちと調布の神代植物公園に行ってきました。
暑すぎず寒すぎず丁度良い気候で、ゆったりと周ることができました◎

丁度バラフェスタもやっていて、少し時期は過ぎていたけれども、たくさんのバラを見ることができて良かったです!
念願の鬼太郎茶屋に行ったり、芝生の上で裸足になって格闘技をしたり(?)と、楽しい1日でした。

写真置いておきます〜

160528_6

160528_4

160528_5
ファビュラス!

IMG_0782_7
バラオブバラ

CjoSC_5UgAEDVsU
バラ味のソフトクリームも食べました^▽^

160528_1

160528_9

160528_2

160528_3

—————————

お昼は深大寺に行って、ごまだれそばを食べました。おそばが有名とのことでたくさんのお店があった…!
そばは苦手だけどおいしかったです。
CjoSC_wUgAAVOtr

鬼太郎茶屋はぬりかべクッションやちゃんちゃんこ座布団もあってめちゃテンションあがりました
CjoSIAuVAAAjBfX

3月の花

160322_2
2週間くらい前にお迎えしたお花なのですが、まだ元気に咲いています。
特に赤いのと紫のは今もこの状態。切花なのにこんなに持ったのは初めてかも。

母が割と切り花を買ってくる人だったせいか、一人暮らしでも花を活ける習慣(思い出したらくらいの頻度ですが)がついてます。
実家には小さな庭もあるのですが、掘ると細かな金属が出てくるようなあまり状態が良くない土だったので、
ヘチマとバラくらいしか育っているのを見たことがないなー

160322_1
とても気に入ったので調べてみたのですが、名前がわかりません…。
切る前はどんな状態の葉っぱなのだろうか。ちょっと肉厚で丸くてとてもかわいい。

3月絵茶ログ

160327
ハモンさん(キギクさん) コジリさん(キギクさん) シトドメさん(カジーさん) セッパくん(きのぎ)
サヤちゃん(ぺらじまさん) ハバキさん(ぺらじまさん) ナカゴさん(カジーさん) シノギ(きのぎ)

先日27日の絵茶ログになります!タンブラーにもアップしました。
お越しいただきありがとうございました〜!

カジーさんの「おそろいの法被作ろう」の鶴の一声から、
お仕事、お祭り、温泉旅行…四季を通して活躍しそうな素敵な紺色の法被が生まれました。
義兄弟の一体感も増して、新撰組のような気分です◎

そして下のログは古代組と衣装交換^v^
2つの企画を同じ日にまとめてしたことがなかったので、
おかげさまでまぜこぜな絵茶ができてとっても楽しかったです。

刀ブイズと古代組の異世界クロスオーバー話はまだまだし足りないし、
古代組にも着物きせたいので、また機会がありましたらお願いします〜!

今日は心地よい話ではないのですが、昨日の仕事中にふと、思うことがあったので、
たまには自分の死生観について書いてみたいと思います。

自分はいつこの世を去るのかという考えは小学生の時から根底にあるものなので、
何があったわけでもなくて、定期的な思考なのですが、共感を得られにくい話題なので最近表に出していませんでした。
昨日は本当に死の衝動に駆られて(行動に移したわけではないです)
今までは何が悲しいのか、原因を考えることが多かったのですが、
もうただただこの世を憂うことしかできなくて、だいぶ張り詰めてしまいました。

ありがたいことに、趣味が楽しく健康で、友人にも恵まれて、笑顔で生活ができる環境にいるのですが、
いなくなりたいというよりも、生まれてきたくなかったという気持ちが大前提なので、
どんなに願っても、まさに死んでも叶わない、という絶望感と共に過ごしています。
自分に超高校級の才能があったら、希望ヶ峰学園の生徒の候補になれるかもしれない(ダンガンロンパの話)

四苦八苦という言葉について。
「仏教の「苦」とは、単に苦しいということではなく、「思い通りにならない」という意味」(日蓮宗のサイトより)とのことですが、
この「思い通りにならない」という言葉と、自分が深みにはまる感情とは、確かに近しい気がしています。
一切皆苦を悟ることができれば、安らかになれるのかもしれないけれど、
死へのこだわりがあるということは、少なくともより良い生を望んでいるということなので、
このこじれてしまった生へのこだわりがある限りは、安らかになろうとする自分を許せないかもしれません。

因みに、昨日考えたいなくなりたいと思った理由は、
絶好の死のタイミングを逃してしまうことで、この先後悔するのではないか、という強い不安と焦りが襲ったからです。
踏みとどまる理由は、失敗して後遺症が残ることがこわいから、でした。
こわいという気持ちはなかなか侮れなかった…。

0か100かを考えていられるうちはまだ大丈夫だと思うのですが、
元気いっぱいとは言い難い感じなので、もう少し不安と向き合ってみようと思います〜